2021/3/26

「花嫁人形」と新発田  

友人から今度建設された湯島の「新潟県人会館」で蕗谷虹児の「花嫁人形」の原画を展示するからと、手紙をもらった。コロナ下でもそれほど混まなければと思ったけれど、結局機会を逃してしまった。その絵は20年ぐらい前に母と新発田の「蕗谷虹児記念館」で見たことがあるから良いのだが、何より母との旅のなつかしさにふれたかったのだが。
あの時は今の雅子皇后さんが皇太子妃になられたすぐあとぐらいで、母おすすめの「瀬波温泉」に泊まって、冬の日本海をみたいという旅だった。瀬波温泉は村上市の海際で小和田家の先祖が内藤藩の家来であったということで当時脚光を浴びていた。そこへ一泊するのに新幹線で新潟に出て乗り換えついでに手前の新発田市に寄って観光をしたのだ。

新発田城址のそばに、母が好きだった「蕗谷虹児」の記念館があった。蕗谷虹児は挿絵画家として竹久夢二の知己を得、詩人としても名を成した人だったが私たちはその挿絵の「花嫁人形」には記憶はなくて、歌だけが残っている。作曲の杉山長谷夫の娘さんが中学の音楽の先生だったことも記憶に残る。

「花嫁人形」作詞 蕗谷虹児  作曲 杉山長谷夫

@金襴緞子の帯締めながら 花嫁御寮は何故泣くのだろう

B姉さんごっこの花嫁人形は 赤い鹿の子の振袖着てる

C泣けば鹿の子のたもとが切れる 涙で鹿の子の赤い紅にじむ

歌詞は短いが五番まである物から引かせてもらったが、哀切な感じのする歌である。子供心に「なぜ泣くのだろう」と思ったものだ。当時の童謡は哀しいものが結構あって、お嫁さんに行くことは晴れがましいなりに実家と別れて「嫁」という立場になることへの哀感があったのだろうとおもう。戦後の子供の私はお嫁さんは華やかなものと思っていたがよその家に「嫁に行った」叔母はそれなりに苦労したらしいことは小耳に挟んでもいた。虹児の最初の妻は14才で結婚、大層な人生を送ったらしい。大正期としてもかなり幼いものだったので、哀しい予兆はあったのだと思われる。

さみどりの誘うまどろみ木陰にはレース模様の姉様人形    多香子
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ