2021/5/14

秀歌(98)大森静佳「角川一月号」より  秀歌読みましょう

大森静佳さんは今年度のNHK短歌の選者になり、若手の中でも元気よく走っているイメージがあったけれど、「Bootleg」の土岐友浩さんと結婚していたのは知らなかった。岡山生まれ京大短歌から「塔」短歌会の31才、京都から大阪在住。
毎日歌壇の投稿から「塔」にはいったようなので、河野裕子の引きがあったのだろうか。去年角川から出した「河野裕子論」の評判もよい。今回は「角川短歌」一月号の競演七首から四首を引く。

「滝へ」

雲よいま淡くわたしを横切るなつま先立ちをしてやりすごす

ふとぶとと水を束ねて曳き落とす秋の滝、その青い握力

読み終えて黒い表紙にあてる手のてのひらは読む夜のつづきを

泣くたびに骨格くずれゆく心地くずれてわれは雲になりたし


名前の「静佳」より骨太な歌を詠むし、この連作も京都にいての滝の風景と思うと納得がいく。服部真理子の「水仙論争」のときに服部さんの側から現代的な解釈を展開、論理的な人のように思われる。リズミカルな流れの中に「握力」「骨格」などの熟語(漢語)を設置することのブレーキ的な表現も健在。
選歌の時は少し変わった歌をていねいに読み込むのではないかと今回のN短でも新たな期待をしている。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ