2021/5/28

「NHK短歌」テキスト六月号  NHK短歌

「NHK短歌」はこの号から「四月、新選者」の分として掲載になりますので、皆さんそれぞれに今年はどんな傾向なのだろうなどと期待するところではないでしょうか。選者が若くなることは、未来に向けても仕方のないことで各結社も中堅を押し出して裾野を広げたい思いがあるのは「専門誌」でも同じことでしょう。

「題詠」というのは、短歌の勉強という点から考えると思考の幅を広げて、どんなことをその題から創造(あるいは想像)できるかと言う点で、広い世界も詠めるようになるし、古い記憶も思い出せるなかなか良いアイテムだと思います。NHKの性格上あまり過激な思想は排除されるけれど、テキストを見ると「そんな発想もあったのか」と気付ける歌が並んでいるところが(まんべんなくという意味からも)選者の力が示されるところだなと一人思っています。

「テキスト六月号」田村元選「飲む」に佳作で一首掲載されました。

コロナには負けたくなくて春の朝腰に手を当て飲むヨーグルト    河野多香子

田村元さんは「りとむ」「太郎と花子」の歌人で、関東から北大に行き、今は横浜在住。「歌人の行きつけ」というエッセイ本もこのところ好評で、N短の放送でもお店を紹介しています。お題の「飲む」は本との関連でお酒なのかとも思ったのですが、私はお酒が飲めないのでエイとヨーグルトで詠みました。テキストを見てもいろんな飲み物、飲むシチュエーションが詠まれていて、今の(みんな若い)短歌をやる人の目の付け所が多岐にわたり、これからが楽しみと思いました。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ