2021/7/30

ワクチン二回目完了と「NHK短歌」8月号  NHK短歌

我が家の老人(私と主人)のワクチン二回目は7月24日に終わりました。かかりつけ医での接種はいつもの待合で気楽だし、空いているのですが千代田区という人口の少ない場所だからかもしれません。ツイッターなどで若い方の接種記などもつぶやかれて、一度目より二度目の方が副反応も強いという話でしたが、私たち老人も個人差がありつつ、覚悟した通りでした。
熱は高くならずに(二日目に7,5度)何度も汗をかき、腕は痛く体は怠い頭痛もする、それも私だけで主人は相変わらずなんでもないのです。二日目には接種した左の手首、指関節がジンジンと痛くて困りましたが三日目にはそれは取れました。一日たつごとに反応は移って行って、五日目ぐらいに大分無くなりました。主人は何でもないと言いつつ、動きが鈍かったり手順を間違えたりしてましたから、あれも副反応のうちかもしれないと思いました。
もう大丈夫だなという今、二人でこれって倦怠感?という気持ちの衰えに陥っています。

          &&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

「NHK短歌」テキスト8月号の佳作に一首取られていました。いつもキンドル版で買うのですが、今号は発売が本誌よりも遅くて、教えて下さる方があったので、お医者のついでに本屋さんで買いました。田村元選の「街」でした。

卯の花は白き花房誘えど街にまつりの笛も響かず
河野多香子

コロナ禍も二年も経つと「お祭り」なんて最初からなかったかのような気分になります。お手伝いから寄付だとか町会も大きな負担ですから、いっそ無いことに気分はさっぱり。小さな商店は生き残りをかけてそれどころではないですね。田村様ありがとうございました。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ