2021/8/27

日大の受診日と「読売歌壇」掲載  毎日歌壇他

コロナは爆発という感染状況で、せっかくワクチン接種は二回したのに安心していられない医療崩壊を迎えています。8月24日主人の日大の受診日で二人で行ってきました。六月までの主治医が退職になって木曜から火曜日の新しい医師に代わるので、なんとなく緊張するようなところもありましたが、話のしやすい気さくな人柄の医師で良かったと思いました。腎臓は悪くならなければ良いのだという事で、検査結果も下がらずに良かったです。
今は「何もしない」のも「コロナだから」と言えるので(もう何もしたくない私たちには)助かっています。でも、若い人が自宅療養と言われて苦しんでいるのは嫌だし、コロナ用ベッドを出せと他の病気を診ている病院に脅しをかける政治はもっと嫌。帰り道神社の塀に萩がちらほらと咲き始めていました。

           &&&&&&&&&&&&&&&&

8月23日付「読売歌壇」黒瀬珂瀾選で掲載されました。読売歌壇は1年近く採られなかったし、黒瀬さんは初めての掲載なのでとても嬉しいです。

雨音を聞きつつ眠る八月も八大龍王は雨降らすだけ   河野多香子

ふり返れば毎年のように水害があるのだけど、今年の長雨による被害はことに凄かったような気がしました。「八大龍王雨やめたまへ」と昔の歌にあるように民衆が祈る間もないほどの豪雨で短時間に川があふれるなど(私の居るところは水害の心配はないのですが)ニュース画面に怖い思いをしました。黒瀬様ありがとうございました。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ