2021/9/3

九月の歌「うたそら4」より  折本

こはぎさんの「うたそら4」九月号が出ました。隔月だから全部参加したいと決心していたので、あっという間に巡って来る締め切りを前に大慌て、また「うたの日」の出詠歌から八首を組み立てました。いつものようにこはぎさんのからダウンロードできます。
私の連作を「九月の歌」として載せます。陰暦八月十五夜は九月なので、少し涼しくなったお月見のころを詠みました。

「十五夜は」

十五夜の月中天にかかり来て猫と見上げる縁側涼し

冴え冴えと十五夜の月昇り来て、きみはひとりで十六茶飲む

涼やかに桔梗咲きそむ長月の曇り空には泣きべそが似合う

ぶどう柿、秋はたわわな果物で忘れられゆくメロンのこころ

満月にこのごろ兎を見かけぬが餅もつかずに遊びに行ったか

裏側のこころ隠して満月は呼べど答えぬひとのさまなり

青い月ほほえむ宵は干しブドウドライカレーにいれて美味しい

涼やかに月の射しこむ部屋をでて猫の目光る夜を歩こう

今回は99名、コンビニのプリントは セブンイレブン 11305160  その他のコンビニ DZ6D8BDWAQ 二枚を一枚にしない、短辺とじ横とじ9枚両面 白黒360円だそうです。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ