2021/10/29

秀歌(102)石川美南「角川」12首より  秀歌読みましょう

多分私が忙しすぎて、あれこれの歌を読まずにいたのだと思うけれど、石川美南さんの歌を「角川短歌」八月号に見た時懐かしかったのはなんだろう。世の中がコロナで明け暮れているうちに二年がたってしまい、誰も自分のからの周りでしか生活できなかったのかなということを思った。
美南さんが若手の活躍時代から、結婚出産をへてどう変わったか(変わらないような気もするが、近しい方でもないので本当は何も知らない)歌の上には自ずと変化は出てくるものと思うから。「角川短歌」八月号12首から5首を引く。

「時代はSF」

ではこれがナガミヒナゲシ、腑に落ちた時には市街地を乗っ取って

とめどなく喋る蛙よ水を飲み水をかぶってまだ喋るのだ

街路樹は濡れながら燃え出すといふ途切れ途切れの聖火を胸に

子どもたちは勝手に夢を見るからねのぞみ・かがやき・つばさ詰め込み

夢喰らふ獏を陽気に見送ってわたしたちとはわたしたちのこと


やはり子供のことが出てきて、きっと現代の「お母さん」の顔をして頑張っているのだろうなと思った。お年の男性には歌人が「自分の子供」を可愛いかわいいと歌に詠むのは良い評価ではないみたいだけれど、ある一時期女性はそこで輝くこともあるのだから。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ