2021/11/26

秀歌(103)鈴木加成太「角川」10首より  秀歌読みましょう

鈴木加成太さんが就職してから何年だろうか、新年会の帰り道で先生が国会図書館に就職が決まった事「かりん」にはいったことなどを話して下さった。私が若手では加成太君が好きと言ったからだったろうか。角川で賞を取る前から学生短歌のなかでも透明感と躍動感のある歌に惹かれていた。その後の事も気になっていたが、お教室も無くなり「角川11月号」で久しぶりに名前をみて嬉しくなった。
コロナの時代、それぞれが変化に戸惑いながら手探りの活動をしているだろうが、加成太君の語彙の透明感には陰りが(深いと言えばいいのか)感じられいつまでも清新の気ではいられないのかと戸惑いも感じた。抜粋してはより分かりにくいと思うが5首を引く

「星の井戸」

冷蔵庫にトマトのスープ冷えて待つこの夏も活字工のしずけさ

地下倉庫の扉を押せば古い闇がガガーリンと音たてて閉まりぬ

冥府にも叱責はあらん愚痴もあらん火の背後ふかき闇焼(く)べながら

バグダード、安住の地! と鳥は言い船乗りシンドバッドは言えり

国棄てる折さえpriority seatsはあるすみれいろの機内食は運ばれ

題名の「星の井戸」は鎌倉十井の一つで長谷にあるらしい。他の歌に出て来る右大臣は頼朝のことか。冥府が出てくるのはこの井戸が冥府とつながっている言い伝えでもあるか、鎌倉の地はかなりめぐったが私は知らなかったので、この十首を読み解くのはとても難しかった。
鎌倉時代の井戸と思うと、そのイメージから遥か中東の戦乱を想像することもそう難くないことかもしれない。すこし時間を掛けてもなかなかに分かりにくいような気もする。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ