2021/12/10

コロナとか、70代の死とか  

年末に来て訃報が多いような気がするのは毎年の事だけど、今年は70代半ば過ぎ(後期高齢者になったところ)の有名人が突然亡くなる事が相次いでいる。突然と思うのはコロナのせいでニュースショウもあまり病院などを追跡しないし、葬儀も家族葬で行われてしまい後から報告があるからだろう。我々も親戚の葬儀でさえ後から知ったり、町会の葬儀も報告だけだったりしている。

寂聴さんの場合は100才までと思ってもいつか来ることと思っていたから驚かなかったが、中村吉右衛門氏の訃報には驚かされた。77才という年が「もう後期高齢者だし」なのか「まだ若いのに」なのかは現代においてよく分からないが、歌舞伎界はその下の年の名優(になるべき)勘三郎、三津五郎を亡くし団十郎を亡くしてどうするのだと思っていた時にまた吉右衛門では背筋が寒くなるような気がした。
私は小学五年で始めて歌舞伎座に観劇以来の歌舞伎ファンだったけど、介護生活に明け暮れて劇場からは遠ざかっていた。いざ行けるようになってコロナでまたダメといううちに主人の病気、テレビで観るからいいやという気持におちついて来ていたところだ。

コロナが全世界に広まり、ほんとうなら地球の人口はそうとう減るのだろうという時代の変換期なのに、長生きしたいという人々は変わらないみたい。以前は漫画家とか若い人がどんどん死ぬなアと驚いていたけれど、このところで70代の人が亡くなっていくのを聞くと、気持がざわつくのは主人ももうじき77だからなのかもしれない。昔は覚悟がつくと思っていたが年を取るほどだめなのかもと思う。

老練な役者もだんだん死んでゆき長谷川平蔵またも死にゆく

十六で死んだ縞猫ウメちゃんがスマホの画面に今日もかわいい   多香子
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ