2013/9/28

秀歌(15) 前川佐美雄  秀歌読みましょう

前川佐美雄さんは、明治36年奈良県の生まれ、平成2年87歳で亡くなっているから随分昔の人という感じで、あまり知られなくなっている。息子さんの佐重郎さんの方が知られているかもしれない。「心の花」で佐々木信綱に師事し、のち「短歌作品」「日本歌人」創刊。日本のモダニズム短歌の旗手として、塚本邦雄、前登志雄、山中千恵子を育てた。関西時代が長かったが、昭和45年神奈川県茅ケ崎に移り住み、亡くなるまで暮らした。戦中に戦争協賛者だったとして糾弾されたが復活し、長い作歌生活のなかで歌風は変遷を見る。
ある人の言に「モダニズムとは先にあるものを、追いかけ開いていくもの」と言われたが、それだからこそ変遷をするのだろう。その中でも超現実主義といわれる、異界の物、感覚だけが捉えるものを当然あるものとして歌っていく部分は、ずっと変わらないのだそうだ。
塚本は金字塔として信奉する人がいまでもかなりいるが、山中千恵子や斎藤史でさえ忘れられていくのではないかという時代に異界の者なぞというと、オカルトと言われてしまうのかもしれない。
わたしがあまり関心を持たなかった、前川佐美雄を取り上げるのは、彼の晩年の弟子佐藤光子さんをいずれご紹介したいからなのだ。佐美雄の超現実主義の美しい部分が、佐藤さんの歌の中に花開いていると思うからだ。

ぞろぞろと鳥けだものをひきつれて秋晴の街にあそび行きたし  『植物祭』

このお歌は第一歌集『植物祭』が1930年だから戦前の若い作者の出発点だろう。佐美雄を歌が下手という人もいるが、わたしはこんな歌が好きだ。鳥けだものと言っているが、敷衍すれば異形の物たちまでをふくむそれが我と同じ仲間よという感じがして、友だち何人かで秋の街にくりだしたら面白かろうと歌っているようだ。こういう歌を今出してもあまり良い評価はうけられないかもしれない。

春がすみいよよ濃くなる真昼間のなにもみえねば大和と思へ   『大和』
うしろより誰ぞや従(つ)き来と思へどもふりかへらねば松風の道   『天上紅葉』

こういうお歌をわかりやすく解説する必要はあるのだろうか『大和』は昭和15年だから植物祭の続き頃だが、『天上紅葉』は最後の未完作品集で、この歌人の膨大な歌の中から、私が恣意的に並べたものだ。霞に閉ざされて何も見えない奈良の景色は見えずとも奈良なのだ。あるいはそのものが美しい奈良(日本)なのだと言っているのか。そして、後ろからついてくるものは、泥棒やストーカーではなくて、長年親しんだ異界の者たち、目に見えずともよく分かるから振り返らないのだろう。ただこのお歌は晩年の作だから「松風の道」を死への道ととると、解釈は全然別のものになるかもしれない。
この様な前川さんに育てられた塚本がその怪異性も残しながら、ほとんど難解になり、行を共にした斎藤史さんは、少し観念的な歌を詠むのもおもしろい。今回この歌人の紹介はちょっと難しかった。私の気持ちが先走っているのだろう。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ