2022/4/22

「四季」冬号の歌  短歌

2021年度の「四季」冬号がでました。(春号から2022年度という事でしょう)遅れると言いながら季刊の発行をやり遂げている紀石、青柳夫妻に感謝しています。今回も私の出詠10首を載せます。向かい側のビルの屋上から吊られたトンビの形をした凧、はじめ見た時はびっくりしましたが良い歌材になりました。その凧は鳶いろでリアルに着色されちょっと見に本物のような迫力です。

「トンビ凧」

三が日終わる都心のビル街にカラス除けなるトンビ凧とぶ

吊られたる凧の姿に鳩カラス同じ目線の我もぎょっとす

対面のビルの息子が鳩除けにもと郊外覚えの凧を買いしよ

二三日すれば雀はベランダに安心顔して集いて騒ぐ

鳥かごの様にしだれたソケイの木中に雀が12羽休む

北風に流されそうな雀たち朝の御飯はさっきやったよ

雪もよい自転車押して行く人も さざんかさざんか春はまだです

花の名を問われる隣の公園に黄色く光るあれは「蝋梅」

疫病の街に祈りは届かぬか 鳩もカラスも機嫌は悪く

釣り竿の先に吊られたトンビ凧雪がやんだらまた空を飛ぶ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ