2022/4/29

唱歌「朧月夜」  

「菜の花ばたけに〜」で始まる「朧月夜」の歌は、みんな口づさめる歌だと思う。作詞の高野辰之は長野県飯山市の生まれで、信州中野に記念館があるので、いつか行きたいと思っていたがコロナのせいで旅の気分が失せてしまったままだ。
高野の代表作には「春の小川」「ふるさと」「もみじ」など皆の知っている童謡唱歌が多い。「朧月夜」は大正13年の尋常小学唱歌として発表されたもので、それから戦争を挟んで戦後も長く日本の農村の風景を伝えている。

朧月夜  作詞 高野辰之 作曲 岡野禎一 

1) 菜の花畑に入日薄れ 見渡す山の端霞深し
  春風そよ吹く空を見れば 夕月かかりて匂い淡し

2) 里わの火影も森の色も 田中の小道を辿る人も
  かわずの鳴く音も鐘の音も さながら霞める朧月夜
 
私の記憶の中でこの歌を覚えたのがいつかはっきりしないが、父の旧制が「田中」であったため父は小学校でこの二番の歌詞を歌う度級友がふり返っても父を見て笑ったのが嫌だったという話は何度も聞いていた。しかしあの辺りに「田中」姓は多くて(親戚だけど)同じクラスに何人かいたのではと思うけど。
父の子ども時代の世田谷下北沢はこの歌詞のような農村で、街は渋谷まで行かなければ店もないようであったと聞いている。父は少し大きくなってからでも、坂の上の樹に金色の大きな月をみつけ何処までいっても同じところ大きさで、それは狸の化けたものだったと気が付いたと話していた。昭和初期の世田谷にはまだまだ狸がいたらしい。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ