2013/12/18

秀歌(22)荷風の短歌  秀歌読みましょう

12月がどんどん過ぎていくけれど今日は荷風の歌を二首。
永井荷風は勿論小説家として多大な作品を残し、その日記も日記文学として世に残ることを考えて書かれた。モーパッサンに憧れてフランスに渡り、仏詩の翻訳歌集『珊瑚集』も出した。他の文学者と同じように俳句を嗜み句集もある。しかし彼の和歌短歌を私は知らなかった。私は大学の卒論に荷風を選び、曲りなりに全集(中央公論版)も読み通した。(その全集も家の立て直しの時に古本屋に払ってしまった。)もううん十年前のことだし、覚えているわけもないが、当時を振り返ってもあれっと思った記憶もない。
先日「NHK短歌」のテキストを見返していて、10月号の秀歌に一首載っているのを見てアッと思ったのだ。高野公彦さんの解説によると「断腸亭日常」の記述の中にあると言う。この日記はかなりな量があって、当時の私は日記の中の物の値段が記されているのに大層興味があったことと、戦争中ぎりぎりまで麻布から都電に乗って銀座に通うさまを目に追っていたと思う。
その荷風のお歌は

雨の日は人の来ぬこそ嬉しけれ昼も昔の夢に遊べば  永井荷風

「断腸亭日常」昭和24年10月25日の記事中とあるから、戦後のもう物の書ける時代であったろう。しかし荷風は市川に住み浅草に遊んで小文は書いても、代表作は戦前のもので、戦争中の物資不足は彼をいためつけ少なからず偏屈風狂老人になっていたと私は思う。戦後戦中に発表できなかった花柳界や売春宿の話など、発表の場を得、お金もどんどん入ってきても、家族と言えるものもなく、孤独な老人だった。上のお歌は荷風らしい品の良さで、雨の日の無聊を昔の本を取り出してフランスの素晴らしい青春を思い起こしている歌で洒脱な歌と思うが、現実は裏返しの老残だった。ちょっと調べ直したら、こんな狂歌が目にとまった。

世に立つは苦しかりけり腰屏風まがりなりには折りかがめども                       荷風
これが何時の作だか分らないが、荷風なりのうまい作りで食えない奴という感じがする。
こんな風に書いているが、私は荷風が好きでたまらない。女性の扱いも性格もとても悪いじじいだけど。久しぶりに荷風について書いていたら学生時代の風が吹いているような錯覚をおぼえた。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ