2013/12/30

この一年の述懐  

とうとう2013年も終わりに近づきました。このブログを始めたのが5月でしたから、一年書いてはいないのですがその前からの知り合いの方、私と家族の生存証明のため読んでと言われている親戚友人の方々、お付き合いくださってありがとうございました。そしてこの板やネットの上で知り合って、短歌を通して交流を持ったった方々、検索で思わず読んでくださった方本当にありがとうございました。やっと更新にも慣れて、キーも早く打てるようになりました。機械音痴はあいかわらずですが、訳わからずやると言うことも出来るようになりました。

どなたも思う事でしょうが、今年の夏の長い暑さは本当につらくて、秋が来ないと思っていたら急に晩秋そして冬と後半の半年は坂を転げるような速さでした。私は母の介護があって毎日同じ様な暮らしなのですが、それなりの季節の移り変わりを楽しむことは少なかったなと思う一年でした。ただ短歌生活は、ネット上の若い人たちの活動をただのぞくだけでしたが、刺激を受けたり?と思う事があったり、言葉の使い方に悩むこともありました。歳をとってからのやり直しみたいな部分もあるので、はじめは刺激を受けることが自分の歌の成長になるという実感があったのですが、このごろは少しわからなくなって蛇行している部分があると思います。ネットで離れた地域の方と(私は関西と九州の方が多いのですが)交流していると、食べ物でも物の名でも違いがあって面白いのですが、流行の物など歌に詠むと分かってもらえないのも面白いのかもしれません。

羽根つきの鯛焼き店に並ぶうち飛ぶ夢を見るだけど飛べない                          多香子
これは神田で何年か前に流行った四角い鯛焼きのことを、「羽根つき」として売っていたので詠んだものですが、実物を見ないと分からない歌でした。解説できない歌会や投稿には向かない歌だと言えるかもしれません。
それでも私はどっぷり短歌にはまっているので、来年も詠い投稿し、ブログに文章を書いて暮らすと思います。御読みくださる方来年もお付き合いのほどどうぞよろしくお願いいたします。新年は1月4日に更新の予定です。

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ