2014/1/28

富士山  短歌

何だか一月も終わりと言うのに家では皆でインフルエンザにかかっている。鼻水をたらして今日は富士山のお話ですというのもなんだかなー。

富士山が大好きという人がいる。そういう人に比べると私など好きぐらいで、世界遺産になったりするとへそを曲げて嫌いと言いそうになる。しかしちょっと新幹線に乗っても、中央道を高速バスで走っていても、富士山が見えるかは気になるものだ。山は天気次第で見えたり見えなかったりするが、一番高いからこそ富士山は雲の中なんて言う事は多い。旅は日にちも予定しなくてはならないから、お天気次第というわけにいかない。今までに富士山がくっきり見えたのは三割くらいだろうか。
お国争いがあるくらい、静岡側と山梨側のある富士山だが、私は山梨県に行った回数の方がぐんと多くて、印象深いのは富士吉田の駅ビルでお昼を食べながら目の前にどーんと広がっていた富士山である。箱根では母と冬に駒ヶ岳のロープウェイの頂上駅から見たすそ野の広がる富士山、前夜あられが降ったのに雲一つなく晴れた当りの旅だった。やっぱり富士は雪を頂いた姿が、たとえ風呂屋の看板絵であろうと一番と思われる。
富士山を歌った歌では

田子の浦にうちいでてみれば白妙の富士の高嶺に雪はふりつつ 山部赤人

が有名であるが、これは静岡側からの富士山である。
今度の世界遺産登録で滑り込みセーフになった三保の松原も、清水港近くの松原で、羽衣伝説の絵や歌には背景に富士山が描かれて、いかにも富士と三保の松原はセットですよと言う感じがある。私は親戚もいるので二度くらい訪れているのだけど、あのとき富士山を見ただろうかと記憶に自信がない。それはああいう絵が海の上から陸を見ている構図なので、船酔いのせいで船には乗らないようにしている私には、三保の松原の向こうに富士山という図は見ることが出来ないからだろう。
「富士には、月見草がよく似合う」と書かれた太宰の「富岳百景」は息子が大好きで、その仕事場だった御坂峠の天下茶屋に皆で行って見たいものだといいながらこれも果たしていない。近年地震の多い所から、富士山大噴火の取沙汰もあるからそうならないうちに(私は噴火しても大したほどにはならないと思っているが)行けるようになったらいいと願っている。

どの向きの顔もハンサム背が高く雪の帽子がにあう富士山 多香子

インフルや何かで次の更新は二月二日の予定です。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ