2014/2/26

今年の梅「湯島天神」  短歌

東京にも梅園と言えるかどうかともかく、小さなものはそこかしこにあるのだが、中々美しい所には出会わない。家の近くではなんといっても東御苑の白鳥濠に紅白の大木が満開になると、松や石垣を背景に日本画のような梅に出会える。しかし駐車場もなく坂や石段の多い東御苑は車いすにも適していないので、この頃は行かれなくなっている。その点湯島天神には近くにタイムパーキングが出来て、土曜の朝なら止められるので買い物がてらに母を積んでいかれるようになった。
今年は甥が大学受験で、私も知らん顔をしていられずに、湯島の聖堂のお守りを買ったりしたが、湯島天神の方はお正月は綱を張るほど受験生であふれるので、本人が行けばいいと後回しにしてしまった。何しろあんなに多くの子が願を掛けたら、いかな天神様だとて全部の願いを聞いてやるわけにはいかないと密かに思っているので。

湯島天神の宮司さんだかが、一時梅のせん定をやりすぎて花が少なくなってしまったことがあった。梅祭りに行ってもごみみたいな花だったと、私は悪口を言っていた。その樹もだんだん大きく回復してやっと美しい花が見られるようになったら、社殿の改修がはじまり、それは菊祭りに合わせて綺麗になってめでたかった。五六年前か庭の部分に重機が入って「なんだろう」と思っていたら、池を拡げ小さな流れを作ったり岩組をして梅の樹も配置を替えていた。庭が出来上がったらやはり風情がちがって、白梅だけでなく、八重のピンクの樹なども配したのでより梅が楽しめるようになった。その風景の真ん中に、前からあったものだが「鏡花筆塚」という背の高い石碑がどんと建っていて、この頃忘れられつつある「湯島の白梅」(原作名は「女系図」)を思い起こさせてくれるのが、年寄りには嬉しい。
例の甥に聞いてみたら「泉鏡花」自体を知らなかった。かなり国語の得意な受験生でさえもという事だ。鏡花の作品は新派の舞台に掛かることが多かったが、その新派が低調になってきてテーマも古くなっては観客の紅涙を絞ると言うわけにもいかなくなってしまった。
私が勘違いしていたようだが、この「女系図」のヒロインお蔦は湯島の芸者ではなくて、新橋あたりの芸者あがりだった。(手元に本がなくて正確ではないが)その勘違いは湯島天神の男坂を降りたところに検番(芸者登録所のようなもの)があって、置屋も料亭もあったそのあたりが花街だったせいだろう。少し離れているが、以前家の隣にあった美容院にはそのあたりの女将さんや芸者さんも来ていたから、私の頭の中で湯島周辺の物語という観念ができていたのだろう。話がだいぶそれてしまって、今年の梅の花の品評は飛んでしまったが、雪の多い割にまあまあの風情だった。甥の受験については第二志望の大学に受かったので、まずはめでたいと言う所。

合格の便りをのせて春風が山盛りの絵馬と梅にほほえむ  多香子
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ