2012/7/29

不祥の負傷  

 照りつける太陽のもとでする仕事は、もちろん洗濯干しだろう。日差しがやや弱まる夕方に、取り込み作業にとりかかる。

 お風呂の足ふきマットを取り込もうとしたとき、不測の事態が勃発した。なにかが落ちた来て、目に入ってしまったのだ。

 それから私はすっかり使い物にならなくなり、ふてくされる。晩はおばあちゃんと二人しかいないのをいいことに、残り物とかあるもので、そそくさと晩ご飯を食べてしまう。

 目薬をさしても、目を洗ってみても、目に入ったものは出て来ない。移動する場所によっては痛くて開いていられないが、ゆっくり自然に目の端に移動し、とりあえず痛みはなくなる。でもゴロゴロしてる。

 翌日は日曜なのでガマン、月曜もKちゃんの三者面談があるので、滋賀県に帰宅後、行きつけの眼科医さんの午後診療時間にみてもらった。

 目に入った犯人はちいさな虫だそうで。おかげで日曜日は、棒に振ることとなった。
 それでも執念で『平清盛』は見たのだった。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ