2012/8/23

ビジュアルKATAGAMI  アート

「カタガミ・スタイル」展の案内チラシ(京都展)↓

クリックすると元のサイズで表示します
 
 図録は表紙が鯉、裏表紙が乱菊、メタリックな水色が涼しげ↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 京都展は終了したけれど、次は三重県立美術館に巡回し、8月28日〜10月14日まで開催されます。滋賀県からなら日帰りできる場所なので、興味のある方はぜひ。

クリックすると元のサイズで表示します

 さすが伊勢型紙の故郷である三重県、パンフも二つ折りで超豪華。

 さて、日本オリジナルの型紙は、こんなかんじ↓

クリックすると元のサイズで表示します
 「菊にすすき」

クリックすると元のサイズで表示します
 「早蕨に霞」

クリックすると元のサイズで表示します
 「糸菊」

クリックすると元のサイズで表示します
 「渦巻きに海星」

 などなど。ああ素敵!
 図録でもカタガミについては、なにがなんだか、というくらい細かい模様もあり、改めて別頁で拡大してあったり。ほとんどマンガを描くときに使うスクリーントーンの世界だ。それを手作業で! それくらい精緻にして精密。

 日本のデザインに恋したのは、ウィリアム・モリスとか↓
 
クリックすると元のサイズで表示します

 マッキントッシュとか↓
クリックすると元のサイズで表示します

 ビアズリーとか↓
クリックすると元のサイズで表示します

 多岐に渡ります。

 今回の目玉のひとつ、ランプ「たんぽぽ」(ドーム兄弟、ルイ・マジョレル)↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ちなみに似て非なるものだけど、綿毛をイメージした「たんぽぽランプ」という照明がIKEAで販売されているそう。

 ひとめ惚れしたエミール・ガレの小鉢はこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 同じくガレの花器。妖し過ぎる〜!!
クリックすると元のサイズで表示します

 図録を見直したら、ラリックもなかなかよかった! ごめん、ガレの隣にあったのが、たまたま私の好みから遠かっただけ。以下の作品はすべてラリック。ためいきものです↓

クリックすると元のサイズで表示します
 「マーガレット畑」と名付けられたショールの刺繍が、超絶技巧でリアルに浮き上がっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 「松かさ」と名付けられた脚付杯。松がこんなにもセクシーで妖しくなるとは!

クリックすると元のサイズで表示します
 「白鷺」をデザインしたガラス器。なんて上品!

 日本の小粋で斬新で洒落っ気あるデザインが、海を渡って「ジャポニズム」になると、不思議なことに妖艶でエキゾチズム溢れたデザインに変身することも。反対に「シンプル・きりり」とした力強いデザインにもなるし、バリエーションの広さは幾通りだってある。
 これじゃ確かに「世界が恋して」しまうんだろうな、日本のデザイン力! 
2



2012/8/27  9:06

投稿者:紙魚子

 なるほど! アールヌーボーと日本の型紙について比較すると、ほんとにそんな感じですね。実物も図録もヒットした展覧会でした。
 三重県鈴鹿市には、伊勢型紙資料館というのがあり、たぶん小規模だとは思うけれど、三重方面に行く時には立ち寄ってみたい場所です。

2012/8/27  1:29

投稿者:tapestry

ガレ、ラリックとかのアール・ヌーボーに日本のデザインを混ぜたらこんな感じなんですね〜。新鮮でした!面白そうな美術展ですね〜。アール・ヌーボーは「ウニョッ」て感じの生物の生々しい湿度と温度を感じます。本能的というか、体感する感じです。一方日本のは、理性的というか頭で味わう感じです。ガレの作品はそれらが上手〜く混ざりあって、本能と理性と両方から美を味あわせてくれますね。いや〜、素敵です!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ