2012/9/20

おとうさんもご注意!  

 先日Kちゃんが父母に話してくれた、友達から聞いた話。

 「ウチの友達が『こないだ、家に下着泥棒が来てなあ』って言ってたねんけど」

「おおお〜!!!」 

 わが家には、そういう人種が訪問したことがないので、物珍しく思わず身を乗り出してしまった。

 「ほんでな、パンツが盗られたんやて。それも、お父さんのパンツが」

「えええ〜!!!」

 男だってセクハラ(される方)も痴漢(特に映画館!)も深夜の一人歩きだって気をつけなければ、とは思っていたけど、物干のものまでは気配りがおよばなかった。

「風に飛ばされたん違うかなあ?」と、あくまで事故にこだわりたい気もして念をおしてみたら、『それが、2回目やねん!』

 確信犯である。というか「趣味人」である。思いきり意表を突かれてしまった。でもよく考えれば、ありえる話なのだ。

「シマムラで買った『みっつでいくら』のパンツやったら諦められるけど、奮発したブランド物やったら、泣くに泣けないし」と私。

「そこか!?」とKちゃんに呆れられるが、世の中いろんな人がいるものなのだ。

 世のお父さんたち、どうかゆめゆめ油断なきように。


 『クシコス』と ピストルの音 運動会

 かけっこの 『天国と地獄』 空に消え


 *「クシコス・ポスト」「天国と地獄」は
    運動会のかけっこのときに流れる定番曲。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ