2012/10/29

礼拝堂にて  おでかけ

 礼拝堂は事前に見学の予約をいれてもらっていたので、中に入ることもできた。いまだ現役で日常的に利用され、スタッフや患者さんが礼拝する、キリスト教の宗教施設である。

 礼拝堂への階段をあがり、優しい緑をふりかえる。

クリックすると元のサイズで表示します

 入口から差し込む光も優しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 優しい気持ちになったところで献金?

クリックすると元のサイズで表示します

 柔和な光と、クリスマスのようなステンドグラスが、あたたかく出迎えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 左右の窓と椅子は、とてもくつろいだ気分にさせてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 天井までも、シンプルながら居心地のよい抱擁感が漂っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 幸福の四葉の意匠が入ったメインの灯り。

クリックすると元のサイズで表示します

 ぬくもりのある木の長椅子には、三ッ葉の意匠が入っている。座席にはふかふかの座布団があり、お尻にも優しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 最前列より入口をみる。

クリックすると元のサイズで表示します

 神のいます場所であり、壇上の聖職者の居場所はアーチに抜かれている。アーチはヴォーリズ建築の、重要な宗教的意味をこめたモチーフだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 古いけれど現役のオルガン。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 かつて使われた、暖房のための熱湯を循環させて暖をとるタイプのパイプヒーターが役目を終えた今もある。このパイプが壁と平行に設置できるように、窓の下にはあらかじめ用意された凹みが、設計時すでに作られているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 こういう繊細な配慮が、いかにもヴォーリズ建築らしい優しさなのだ。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ