2013/1/31

豊満神社アプローチ  神社仏閣/教会

 「豊満神社」は、軍旗の守護神を祀ったと伝えられている。境内の竹を切って旗竿にすると戦さに勝つといわれ、源頼朝をはじめ多くの武将が戦勝祈願をおこなったそうだ。つまり勝負の神様。

 別名「旗の宮」「幡の宮」とも呼ばれ、この由来は豊幡武尊が神功皇后の「新羅遠征」の際、日本軍の軍幡を始めて作った所だからという。別には、「ハタ」は秦氏の秦に通じ、この社が古代文化の中心だったらしい。

 仄聞にしていままで知らなかった「豊満(とよみつ)神社」だったので、ひっそりとした小さなところかと想像していたのだが。

クリックすると元のサイズで表示します

 りっぱな国重要文化財の四脚門に感動する。正面と左右に入口が3つあるが、正面は柵があるので、左右どちらかの入口から。

クリックすると元のサイズで表示します

 外から見た正面の門↓

クリックすると元のサイズで表示します

 外から見た向かって右の門↓

クリックすると元のサイズで表示します

 足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)、息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、譽田別命(ほだわけのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る神社。

 鎌倉時代後期に建てられた四脚門(よつあしもん)。その形式は、本柱の前後に4本の控柱(ひかえ)があることから四脚門と呼ぶ。屋根は入母屋造で、材料の檜皮と柿板(こけら)を交互に葺いた珍しい「よろい葺」工法を施す。

クリックすると元のサイズで表示します

 冷たい風が吹く道路を渡って、いざ門をくぐろう。外にあった灯籠。何の模様かは不明↓

クリックすると元のサイズで表示します

 内側から正面門をみる↓
 
クリックすると元のサイズで表示します

 内側からさっきの右門を見る↓

クリックすると元のサイズで表示します
 
 手水舎で手を浄める。ノーマルに龍の口から水が出ている・・・ん? ノーマル??

クリックすると元のサイズで表示します

 龍はノーマルだけど、その他オプションが! このホスピタリティ溢れる手の込み具合は、もはやノーマルではない! 

クリックすると元のサイズで表示します

 徳利から永久に流れ出す不思議な(!)水は、ピタゴラスイッチのような仕掛けで、鈴入りの水車を回している。

・・・この神社、あなどりがたし!!
 緊張感(と期待感)が高まる。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところで「神秘神木 女神の木」って、一体なんなんだ?? という疑問は、その後判明することになる。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ