2013/2/3

豊満神社 本殿とその周辺  神社仏閣/教会

クリックすると元のサイズで表示します

 樹下神社の裏には、正倉院を彷彿とさせる(?)校倉造りの宝殿があった。

クリックすると元のサイズで表示します

 その屋根には、瓦の鳩が2羽。広島の豪邸を思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてついに、あの『女神の木』が、秘密のヴェールを脱ぐ時がきた!

クリックすると元のサイズで表示します

 木肌が濡れていたので、残念ながら樹内浴は次回に(いつや??) それに厚着だし。

クリックすると元のサイズで表示します

 見上げる大木は、いつもどれも神々しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 宮司さんのホスピタリティ極まれリ! ご近所さん、氏子さんとの麗しい関係が察せられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 宝殿より見た伊勢神宮風な建物。本殿の裏にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 やっと本殿。

クリックすると元のサイズで表示します

 さすが威風堂々。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 本殿を守る獅子たちの、この目つきといったら(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 「おめ〜な〜」という声が聞こえそう。

クリックすると元のサイズで表示します
 
 こちらの妻飾り彫刻は、鳥がテーマ。

クリックすると元のサイズで表示します

 木にはめ込んだ銅の鶴が何羽も飛翔していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 本殿とは別棟だが、鹿の意匠をつけた瓦の建物もあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 春日系の神様という意味だろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ