2013/2/8

北国街道を東に  おでかけ

 こうして秘仏のお地蔵様と握手出来、お一人様300円也の功徳がいただける機会をみすみす逃したのだった。そんなことになっているともつゆ知らず、私たちは、お醤油のお店巡りを開始した。

 前回は北国街道の西を歩いたが、今回は未踏の東側を探索する。

 北国街道沿いに3軒ある醤油店で、それぞれのお店の小さめ醤油を買おうと、福田屋で鍋焼きうどんを食べながら決定した。福田屋の奥さんに「木之本は水がいいので、お醤油作りがさかんなんですよ」と教えていただいたのだ。ついでに木之本の日本酒「七本槍」で有名な富田酒造にも。

クリックすると元のサイズで表示します 
 最初に出くわしたのは、全国区になってしまった「サラダパン」で有名な「つるやパン」さん。サラダパンの中はサラダじゃなくって、タクアンなんだけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

 古い薬看板が店先に吊るされている「本陣薬局」

クリックすると元のサイズで表示します

 百の毒を下す? このパワフルなネーミングの薬は、植物性の便秘薬らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 あ、「中将湯」とか「浅田飴」とか、レトロだけど知っている名前も!

クリックすると元のサイズで表示します

 げげっ! こ、これは知らん! しかもこの絵のじーさんが・・・こわすぎ! そして、なぜに、これだけ青い?

クリックすると元のサイズで表示します

 気を取り直して。とても楽しい日用雑貨のお店。仁右衛門という名前と、スーパーマリオのような?看板イラストのミスマッチ感がすばらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 北大路魯山人ゆかりの創業450年余の蔵元、冨田酒造だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「七本槍」という銘柄は、秀吉を天下人へと導いた七人の若武者、「賤ヶ岳の七本槍」にちなむ。ラベルの文字は一部、魯山人の篆刻を使用しているそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ベンチや杉玉がかっこいい。やはりここで、日本酒を所望するH氏。はい1本、お買い上げ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

 商店街の街灯も、もちろん家紋つきの七本槍だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 1階と2階の間に、びっしりと模様の瓦がラインになっている↓

クリックすると元のサイズで表示します

 なにげなく格子の素敵な古いお家だけど。

クリックすると元のサイズで表示します

 なにげなく屋根も丁寧に作ってあり、凝っている〜!

クリックすると元のサイズで表示します

 「文化交流館 きのもと交遊館」
 元は滋賀銀行だった建物を改装し、観光客や町民が集う文化交流施設に利用している。

クリックすると元のサイズで表示します

 昔の銀行は、意匠もおしゃれでカッコイイ。

クリックすると元のサイズで表示します
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ