2013/2/26

ヤンキーなひとたちに拍手。  テレビ/ラジオ


NHK Eテレ(教育)の「つくってあそぼ」がこの3月で終了する。


 この番組は1990年3月まで放送されていた「できるかな」の後継番組として、同年4月より「ともだちいっぱい」内でスタートした幼児向け工作番組。手先が器用なワクワクさん(久保田雅人)と、クマの男の子・ゴロリがユーモラスな掛け合いをしながら毎回おもちゃを作るという内容だ。

 トイレットペーパーの芯や牛乳パックなど手頃な廃材を用いての工作なので、それらをストックしておけば番組が終わったら即つくれる。

 ちょうど上の子Tくんが幼児だった頃、我家でも視聴していた。私も発砲スチロールの皿でガイコツを作ったり、紙とクリップと割り箸と磁石を使って「釣り堀」を作ったりしていた。ウチだけでなく、なかなかな人気番組だったそうだ。

 ネット上でもこのニュースは「悲報」として(元)視聴者に激震が走っているらしい。

 ところで、先日登場したKちゃんの友達、Yさんによる情報によると、いわゆる「ヤンキー」な人たちの間でも、このニュースは衝撃だったらしいのだ。

 しかし「ヤンキー」な人たちは、ただネット上でつぶやくだけじゃすまない、アツいひとたちであり行動力もある。
 ヤンキーネットワークで「わくわくさんに引退の花道をつくってあげようじゃないか!!」な気運が高まっているそうだ。「つくってあそぼ」の最終回、3月30日の放送に高視聴率をたたき出すべく、最終回をみんなで見ようぜ!とリツイートしているらしい。

 ヤンキーではないが、Yさんがリツイートしたのはいうまでもない。

 土曜の午前7時30分〜45分という時間帯なので、せっかくの休みに少々早く起きねばならないが、そこをわくわくさんのためにがんばろう!というヤンキーなひとたちの熱意を応援したい。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ