2013/3/3

呪いの丼茶碗  モノ

 夫は古いもの、つまり骨董品が好きである。

 とはいえ高いものには目もくれず、いきつけの仲良し店主がいる店で、そこそこの値段で調達するのだ。仙人のような風貌の店主は、私たちが行くと缶コーヒーをご馳走してくださる。行けば必ずなにがしかは購入するので、悪い客ではない。購入すれば、なにがしかは(というか、かなり)値を落としてくださるので、がめつい店主ではない。いわゆるWinWinな関係だ。

 昨年そこでH氏に丼茶碗を買ってもらった。大衆食堂の見本にあるような、でもちょっとカラフルなのを。丼ものはもちろん、うどんなどもそれで食べていた。

 ところがつい先日、えらいことに気づいたのだ。その丼には、呪いの文字が刻まれていたのを知ってしまった。百聞は一見にしかず↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 たぶん、この呪いから解放されることはないと思われる。
7
タグ: 雑貨




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ