2013/6/29

文化財でランチ  おでかけ

 茶房「長谷路」は、ウィキペディアにも載っているお食事処で、近代和風建築の日本庭園を持つ国登録有形文化財だ。20世紀の初頭くらいに建てられたらしい。ということで、文化財でランチとあいなる。

クリックすると元のサイズで表示します

 事前調査なしで門を入ったら、このお庭だけで圧倒され、Uターンしたかも。一見さんおことわり、でも、ドレスコードがあるわけでもない。池には鯉がいるのか、小さな麩が浮かんでいた。私たちも、ごはん、ごはん!

クリックすると元のサイズで表示します

 先にいたお客は入れ違いに出ていかれ、店内は私たちだけの貸し切り状態。注文を出してから、室内を探検。

クリックすると元のサイズで表示します

 縁起物の扇子の欄間がみやび。

クリックすると元のサイズで表示します

 版画の仏様たちは、それぞれ表情がちがう。あれ? 表情どころか反抗的な態度の仏様もおひとり。

クリックすると元のサイズで表示します

 東大寺の瓦?? 
 他にも楽しそうな逸品が、いろいろとあったけど、割愛。

 そうこうする内、お客様が入って来られ、いつしか満席ちかくになる。
 そんななか、ごはん、到着!

 ざるそばセット、柿の葉寿司(さば)が2個ついて千円也。日本庭園は広々と立派で、建物は文化財で、内装もひとくせあるものたちばかり。門の近くには、お茶室だってあった。でもお値段やご飯は、比較的庶民的。

クリックすると元のサイズで表示します

 ゆっくりとくつろいで鋭気を養ったあとは、本丸をめざして出発だ。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ