2013/11/25

「カッコいい」の新定義  モノ

 先日、大学の学園祭を終えてレギュラーモードになったKちゃんが、「冬に向けてのお買い物」から帰って来たとき、舞い上がった様子で勢い込み、帰りの車内でしゃべり始めた。

「あんなあ、今日、めっちゃカッコいい筆箱、見つけたねん! あとで見せるけど」

 カッコいい筆箱? 斬新な形態なのか? プリントが都会的なのか? う〜ん、イメージがわかない。実際にみせてもらうしかないな。

 家に上がるや否や、BEAMSの袋から出したのは、細長いそら豆型のケースだった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ぜんぜんフツーやん。てゆーか、たいしたことないやん。

「と、思うやろ? 水色のドットでなにげないやろ? と、思わしといてやな・・・」
 と、ワクワク顔で、ひっくり返した。

 !!! あかん、笑いがとまらへん!

  Kちゃんは得意満面だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「フォッ、フォッ、フォッ、フォッって、笑い声が聞こえて来そうやろ!?」

 んん〜、確かに。柔らかすぎずシャープすぎず、行間がたっぷりあって、絶妙な笑いを呼ぶバランスのよさ。これが彼女の「カッコいい」定義だったのだ。
2
タグ: 雑貨




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ