2014/2/22

仁志むら亭でくつろぐ。  神社仏閣/教会

れんくみさんと、あめ湯を注文する。あたりを見回すと、ここも思わずテンションが上がってしまうようなレトロ茶店だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 昔懐かしいような、細い竹の暖簾!

クリックすると元のサイズで表示します

 まるで霜が張り付いたような摺りガラス!

クリックすると元のサイズで表示します

 こちら側にも、昔実家にあったのと同じような、プリズムの様にボコボコ模様の磨りガラスが! ううっ、懐かしすぎるぜ!
 
クリックすると元のサイズで表示します

 奥の席に人影はないが、こちらは食事をする人専用なのだとか。あめ湯ごときでは、絶景は見られない。

クリックすると元のサイズで表示します

 こういうときのために、デジカメのズーム機能はあるのかもしれない。遠目からでもわかったのだが、

クリックすると元のサイズで表示します

 レトロガラスはあたたかな歪み方で、風景を見せてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 私たちの背後には、どんぐり酒を酌み交わす狸のカップルがいた。こちらも昭和な風景だ。(髪型はもっと昔だよね)

クリックすると元のサイズで表示します

 部屋の角にある酒瓶は、三升瓶くらいの巨大なものだった。不思議な顔の壁掛けが眺めているのは、なにかのおまじない? ああ、気になるなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところでいま調べてみたら、このお店は、元治元年(1864年)創業の老舗で、俳優の西村和彦さんのご実家だそう。彼はここから学校に通っていたのだとか。毎日のことだから、通うだけでなかなかのトレーニングになりそう。

 さて、あめ湯で元気を取り戻したので、次は下山だ。

(つづく)

 ☆追記 :H氏に教えてもらった巨大酒瓶の意味

 一升瓶の2.5本分入った日本酒は、一升桝を2つで益々・・あと半分で「マスマスハンジョウ」益々繁盛と言う、のだそうです。昔から開店祝いや結婚式、棟上式でよく使われた、超縁起物だとか。やはり酒のことは酒呑みに訊け!ですね。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ