2014/2/26

屯倉(みやけ)神社  神社仏閣/教会

 屯倉神社の勧請縄は、青竹(緑色に人工着色!)がぎっしりと編み込まれたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

 ズーム!

クリックすると元のサイズで表示します

 真ん中の丸いものを、西村先生は「トリクグラズ」と呼ばれていた。これは三種の神器のひとつである「鏡」をあらわしているとのこと。また◯は、邪悪なものを睨む目の象徴でもあるとか。あるいは「太陽」という説もあり、まわりのはみ出した竹は、放射する光をあらわしているらしい。竹にサンドされているのは、杉の葉か?

クリックすると元のサイズで表示します

「トリクグラズ」の両側には、小縄がたくさん下がっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 普通、小縄は1年間の月数、つまり12ヶ月をあらわしていて12本下がっているそうだが、ここは片側だけで12個、つまり全部で24個下がっている。またうるう年には、13本さげる場所もあるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのうえ、縄梯子のような形態で、横に渡してあるのは榊の木でできた御幣だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 これはなかなか入手困難らしいので、毎年使い回されている。

クリックすると元のサイズで表示します

 先には葉のついた榊の枝が下がっている。凝った勧請縄だから、ものすごい手間がかかっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 「トリクグラズ」を裏からみたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

 8月28日前後の日曜に奉納される「こども相撲」の土俵。現代はいろんな子や親がいらっしゃるので、「注文の多いこども相撲」になっているらしい。氏子のお世話役は大変だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 神様が、ここから子どもたちが相撲を取るのを眺めたという、大銀杏の木。

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥居の注連縄。中央に鯛二尾を八の字に取り付け、串柿・ダイダイ・ホンダワラ・炭を麻で吊り下げる。鳥居のしめ飾りは、なぜか夜のうちにはずされてしまうので、しめ飾りとして見た人は少ないそうだ。不思議なしきたりだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ