2014/2/28

新川神社までのプロムナード  路上観察

 行事神社から新川神社までのみちみちも、かなり面白い物件が目白押し。

クリックすると元のサイズで表示します

 茅葺き屋根の家。となりには白いハコと赤いシャッターのコンストラストが斬新なガレージ?が。

クリックすると元のサイズで表示します

 微妙に三角に貼り出している木造家屋。

クリックすると元のサイズで表示します

 まるで昔の船のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 石垣の上に立つ家から出たら、たちまち橋。京都の「川床」みたいな2階の張り出しが、またステキ。総合的におもしろい家屋だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 横モヒカン、もしくはサンダーバード2号がでてきそうな建物だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 おしゃれな窓のついたガレージ。水色の模様は滋賀県の公式マーク、カイツブリと波のデザインだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 行事神社のホントの参道。達筆すぎて「行事」とは、よ・め・ま・せ・ん。

クリックすると元のサイズで表示します

 平安時代、白拍子の妓王妓女を寵愛した平清盛が、望みのものをやるといったとき、干ばつに苦しむ故郷に水路を所望した妓王。彼女の願いによって造られたのが、今も残る妓王井川。

クリックすると元のサイズで表示します

 千年も残るものを作ってもらうなんて、すごい。彼女にはぜひ何でも叶う「三つのお願い」をしてほしい。さぞかし有意義なお願いをしてくださることだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 サニーサイドな道を折れて、鬱蒼たる社に到着しました。トリの神社でもあるので、なんとなく皆の「古刹らしさ」への期待が高まる新川神社へ、いざ。

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ