2014/4/27

まもなく「消しゴム忌」  展覧会

 4月25日から梅田ロフトにて、「ナンシー関の顔面遊園地」が開催されている。彼女と連載対談もし、生前仲のよかった町田広美氏がナンシー関の13回忌を機に、メインで企画したようだ。これは外せない。ということで初日に出かけた。

 展示品は、彼女が彫ったナマ消しゴムハンコと、それを押したもの。消しゴムハンコをスタンプした高級品(グッチのモカシンやウエディングドレス)、著作から抜粋した文章のセレクション。あとはグッズ売り場も楽しみだ。

 やっと人に道を聞かなくても梅田ロフトまでたどり着けるようになった。長い道のりだった。

クリックすると元のサイズで表示します

 これだけ多くの人に支持され、絶賛され、愛された文筆業の人って、いままでいただろうか? というくらい故人となった今も、その存在感、もしくは不在感は大きい。だから、金曜平日お昼前だというのに、昨年のみうらじゅんの展示の3倍くらいの人の入りだ。

 もっとも展示の芸においては、はるかにみうらじゅんの方が上。カテゴリー別に、四角四面にまとまった消しゴムハンコを、ひとつひとつ見ていくのは、ある意味苦行。よほどの「ナンシー好き」でないと、つい流したり飛ばしたりしてみてしまうかも(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 それでも選び抜かれたナンシーの言葉に、感心したり、笑ってしまったり、うなずいたり。関家は家族中が格闘技好きで、相撲中継のときのアツい一家(とくに父)の様子や、千代の富士の件で、何度でも父にだまされてしまう子どもの頃のナンシーの逸話が微笑ましい。彼女が無類のシール好きだった、というのも大共感だ。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、買ってしまいました。「動物シール(とり)」と「よくできました」シール。

クリックすると元のサイズで表示します

 入口でプレゼントがあるのは、ロフトのお約束。お寿司の栞の裏には「おにぎりください」という言葉が。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 世界文化社の本を買うともらえる「ナンシーうちわ」。もってない本があったので、買ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

 買おうかどうか悩みに悩んでいた「評伝」も、このさい買ってしまった。とりあえずマスキングテープもひとつ購入。

 なんのかんのいって、1時間以上見てました。足が棒(疲) でもナンシー好きには、回顧展としての意味はあったと思う。じっくりと見せていただいたので、6月12日の「消しゴム忌」(勝手に命名)には、しみじみとナンシーを偲ぶつもりだ。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ