2014/5/16

インドアで古寺巡礼  博物館

 京都国立博物館で開催中の「南山城の古寺巡礼」を見に行く。今回は「ともだちツアー」を組んで3名で。れんくみさんとNさんの、元・読書会メンバーだ。


 山城という地域には詳しくないが、どうやら奈良と京都の境目にあるらしい。しかもお寺へのアクセスは難しそうかつ、山登りを伴うらしいので、おいそれとは探訪できそうもないみたいだ。

 とはいえ、そんな山寺だからこそ古寺が残り、立派な仏像が守られてきたという側面がある。そんな仏像達のうわさも、ちらちらと読んだり見たりしていた。

 今回は南山城から野に降り一同に会された仏像を、一網打尽にみる千載一遇の機会だ。これは逃してはならない。ということで、「いつものメンバー」に招集をかけてみた。ラッキーなことに日程がうまくまとまり、「では来週に」という迅速なツアーが組まれた。

 東山七条にある京都国立博物館の立地はすばらしく、向かいには三十三間堂、少し歩けば智積院、もう少し歩けば清水寺、祇園、建仁寺、その反対方向なら泉涌寺、東福寺がある。その他、キラ星のごとく観光ポイントが点在し、観光ツアーにはうってつけの場所だ。

 今回は、このシーズンならではの「河井寛次郎記念館」とセットにした。歩いて行けるくらい近いし、博物館って意外に疲れるので、のんびりできる場所がいいかと考えた。駅からも施設同士もわりあい近いが、今回は時間節約のため市バスの一日乗車券を利用し、移動はバス。

 気候もよく、お天気も日差しが強いくらいの晴天。風が少し強い。電車の中では、Nさんが最近行った當麻寺や「お練り」つながりで即成院の話など。バスは平日であろうが関係なく長蛇の列で1本見送る。満員で乗れなかったのだ。

 博物館に到着し、チケットは買わずに国立博物館で共通に利用出来るパスポートを購入する。3千円で奈良と京都(行くのが可能なら東京と九州も!)の国立博物館に入れる。期間は1年。京都の他の博物館や美術館の割引があり、京博限定だがショップで割引もある。

 お昼前だがまずは腹ごしらえ。チケット売り場のそばにあるカフェ「からふね屋」でランチ。すっかりくつろいでしまう。わりあいボリュームがあったので、完食したのは私だけだった(笑) 

 ・・・12時もすっかりまわったので、そろそろ行動しなくちゃ。

 今回は行列も無く、すんなりと入れた。いつ見ても京博の建物はカッコイイ。
設計者は宮廷建築家・片山東熊(とうくま)。

 クリックすると元のサイズで表示します

 玄関の上にある三角形の破風には、仏教世界の美術工芸の神とされる毘首羯磨(びしゅかつま)と技芸天の彫刻がある。この建物自体も重要文化財だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日みるのは、これです↑

 では、なかに入ってみます。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ