2014/7/6

庭園を歩く。  神社仏閣/教会

 中門をくぐって、庭園の拝観を開始する。美しくラインが引かれた白砂を見ながら、ななめ左手前方に「勅使門」。

クリックすると元のサイズで表示します

 サイドからみると、立派さがより際立っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 丸瓦の模様は、蓮のツボミ?

クリックすると元のサイズで表示します

 桧皮葺の上に、龍の鱗のような銅板で葺かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、この松の姿の美しさ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 借景としての嵐山が、お庭の緑に溶け込み、もはや境界が不明。

クリックすると元のサイズで表示します

 大方丈の正面を外から。やはりかっこいい。

クリックすると元のサイズで表示します

 角を曲がれば白砂の石庭は終わり、和風の花壇が。トップはこの方達。下野と書いて「しもつけ」という。花は地味だがバラ科だ。
 後にいらした老婦人ふたりが、「うちに白いのはあるけど、赤いのもあるんやね。『しもつけ』っていうんや。初めて知ったわ」と地味な花にもかかわらず、話に花が咲いていた。他に桔梗なども咲きそろっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 再度、曹源池に戻る。

クリックすると元のサイズで表示します

 世界遺産の池には、鯉が優雅に泳いでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 岩には苔や羊歯が生えて、「苔のむすまで」という時間を目撃する。

クリックすると元のサイズで表示します

 なにげなく池をながめ、ぼんやりとしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 んんっ!?

クリックすると元のサイズで表示します

 こんなところに、ネジ花がっ!! 今年は見られないかと諦めかけていたネジ花がっ!! と、心の中で快哉を叫んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 池の端に列をなして咲いていたネジ花とお別れして、ふたたび多宝殿方面へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 新しめの鬼瓦は、すっきり漫画チックで、あんまり味わいはないな。

クリックすると元のサイズで表示します

 達磨大師の掛け軸があった「寝転ぶなかれ」の小方丈の広縁にも、

クリックすると元のサイズで表示します

 「ここから上がるなかれ」のマークが4ヵ国語の言葉とともに。画鋲で四隅を留められていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、嵐山を庭園の借景にするって、ほんと素晴らしい。東山を借景にした南禅時界隈のお庭とは、また違う風情がある。
クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ