2014/7/8

百花苑にて  自然

 多宝殿の向こうには、「百花苑」という和の花園が広がっていた。どちらかといえば、秋のイメージの萩がもう。だって萩って、草冠に秋だもんね。

クリックすると元のサイズで表示します

 でももちろん、今のシーズンは紫陽花。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 鞠のように球状になったものの他に、たまにはこのような、見かけないお方も。これは「隠山里」だろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

 ツリガネソウとツーショットのこの実は、なんだろな〜?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 山紫陽花という素朴な品種もたくさんあった。

クリックすると元のサイズで表示します

 このガクアジサイはたまに見かける↑

クリックすると元のサイズで表示します

 なんて奥ゆかしいブルー↑
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ユキノシタ科! すでにしてアジサイ科ですらない!でも華麗↓

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「七変化」!? 「心変わり」「気まぐれ」というアジサイの花言葉を地でいくやつだ。あ、「七段花」だった、すみません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 なるほど、たしかに。

クリックすると元のサイズで表示します

 「伊予の薄墨」というネーミング。なにやらゆかし、という風情。山紫陽花の仲間には「伊予」とつくものが数多くある。愛媛県の伊予地方のこと?山紫陽花の名所なのかも?

クリックすると元のサイズで表示します

 咲き始めはピンク〜濃紺色で、咲き進むにつれて、次第に墨のような黒色に変わっていくのが特徴のアジサイだとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 花だけではなく苔むす地面の緑あり、竹林と青紅葉と青木のコラボにもうっとりする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ