2014/8/16

ひきこもりの夏はゆく。  季節

 歳時記とは便利なもので、立秋になったとたん、つくつく法師が鳴いていた。夜になると別の虫も鳴き出した。コオロギとかウマオイとか、その辺だ。

 すごいな、歳時記。立秋といえば8月7日だったが、まだ激烈に暑かった頃だ。それでも夜になればいくぶん涼風が吹いて、秋の気配もうっすら漂っていたりした日もあったっけ。

 いまや夜になれば、快適な睡眠のとば口に立てるくらいになった。虫の声もずいぶん大きくなってきた。

 フジバカマが咲き始める気配が漂い、桔梗の花の第二弾も開花中。トラの尾草も咲き出した。畑にはしばらく行ってないので見た訳では無いが、紫蘇の花だってきっと咲いている頃だろう。

 8月、私はずっと引きこもっていた訳だが、後になったら「あんな夏もあったなあ」と懐かしく想い出すのかもしれない。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ