2014/10/28

近江大鳥橋、山は秋  おでかけ

 代休を取った夫が、「ミホ・ミュージアムへ連れてったるわ」とおっしゃってくださり、欣喜雀躍。

 さっそく、どのカードを使えば割引率が高いかを調べる。結果、JAFなら200円引きということがわかった。早速、財布に札数枚と、今年のJAFカードが入っていることを確認して、出発。

 栗東の金勝山(こんぜやま)を抜けて、そのまま信楽に入る。山の中をドライブだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 山頭火が歩いていそうなススキの原を眺め、

クリックすると元のサイズで表示します

 巨大なナゾの橋脚をくぐる。この橋?のつくりは、ミホのアプローチにある橋と同じみたいだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう物件を放っておくはずも無く。調べてみました。 

クリックすると元のサイズで表示します

 ウィキによれば、「近江大鳥橋」という名前の新名神高速道路(信楽IC-大津JCTにある橋梁)ということらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

 全長約500m程度、波形鋼板ウェブを用いたエクストラドーズド橋(ナンノコッチャ??)、2000年2月着工、2007年4月竣工、2006年度土木学会田中賞(作品部門)を受賞している。

クリックすると元のサイズで表示します

 デザインを担当したのは、アメリカ人女性の景観デザイナーTanja Wilcoxと滋賀県立信楽高等学校の生徒である。


クリックすると元のサイズで表示します

 仮称は「栗東橋」だったが、「第二名神高速道路栗東橋 橋梁名称選定委員会」により名称が募集・決定され、「橋梁形状のイメージと合致度」「地域性」などの選考基準を踏まえて、主塔の2羽の鶴が背中合わせで天に向かって飛ぶ姿を模した意匠と主塔付近の地名である大鳥居(大津市上田上大鳥居町)から「近江大鳥橋」と名付けられたそうである。

 鬱蒼とした樹々の間を走り、少しずつ道が広がり明るくなって来る。

クリックすると元のサイズで表示します

 ミホが近づくにつれ、両側の樹々も植栽されたり、キレイに整備された道へと変わって来る。

クリックすると元のサイズで表示します

 山はもう紅葉が始まっていた!!

クリックすると元のサイズで表示します

 駐車場の紅葉も、美しく染まってお出迎えだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ