2010/2/24

はつなき  季節

 今朝、うぐいすの初鳴きを聴く。

 まずKちゃんが「うぐいす、鳴いてへん?」といい、おばあちゃんが「玄関に行ったら、うぐいすが鳴いてた」といい、その後私も耳にした。

 まだ「ホーケキョ、ケキョ」とおぼつかないからか、連続して鳴いている様は、あたかも鳴き方の練習をしているようだった。

 H氏にも「うぐいす、鳴いてるね?」というと即座に「ほやねん!ほやねん!」と返事が返る。Kちゃんは「最初聴いた時は風情あるな〜て思たけど、こんだけ連続して鳴いてると、やかましーわ!て思てしまうな」と、いかにも彼女らしいコメント。

 みんながそれぞれに出かけて、ほっと一息ついたとき、外に出てどのへんで鳴いているのだろう?と耳を澄ませた。さっきまでは、玄関の近くの庭あたりにいたけど。梅に鶯っていうけど、ウチの梅は背が低いので止まらないし。

 さっきとは場所の違う鳴き声のする方向を見上げる。意外に高い所から聞こえたけど・・・まさか!?

 道沿いの電信柱のてっぺんから聴こえたような気がしたんだけど・・・それはあまりに鶯らしからぬ場所ではないかとも思うけど、集団登校の小学生たちもいたので、安全重視だったのかも。
 そんな、春の朝。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ