2015/2/14

鬼法楽  神社仏閣/教会

 なんだか、あやしい空模様になってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 待ちに待った「鬼法楽」がまもなく始まろうとしているのに。

 「鬼法楽」とは、中国から伝来したと伝えられ、「鬼踊り」とも呼ばれている。数多い節分行事の中でも、独特のおもしろさを持ち、人気がある題目(題目?)。松明と宝剣を持った赤鬼、大斧を持った青鬼、大槌を持った黒鬼が現れ、鬼踊りが始まる。最後に豆をぶつけられて、鬼たちは退散、という筋書きだ。

 その後、見物人に小袋に入った「福豆」が投げられて、先を争ってキャッチ、もしくは拾うことになる。なにしろリングサイド、もとい、結界綱のすぐ後ろという最前列なので、余裕、余裕。

クリックすると元のサイズで表示します

 山伏さんたちの法螺貝が聞こえて来た。

クリックすると元のサイズで表示します

 初めて節分会を京都で見たのは平安神宮だったが、鬼を追い払う追儺師(ついなし)が登場し、境内の四方に向けて降魔矢(こうまや)を射る「法矢」という行事があった。今回も弓を持つ人と矢を持つ助手のような人が、ご一行に加わった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ご住職の後ろから、天狗を筆頭に鬼たちの登場。ゆるキャラのように人気もので、シャッターを切るひとたち続出。

クリックすると元のサイズで表示します

 ええなあ、この後ろ姿。お腹まわりのシワシワが、なんともいえず愛おしい。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 ハッピを着た介添え役がいるところが、ますますゆるキャラっぽい。

クリックすると元のサイズで表示します

 秘法を展開するグッズたち。わくわく。

クリックすると元のサイズで表示します

 本堂へのお参りを済ませたら、次は祭壇に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します

 弓を持つのが追儺師(ついなし)。りりしくてカッコいいのよ〜!

クリックすると元のサイズで表示します

 お面などで視野の狭い皆さんは、ハッピのひとの誘導で、ゆっくりと移動です。

クリックすると元のサイズで表示します

 祭壇に供えられ、浄化され力を授かる弓矢。

クリックすると元のサイズで表示します

 さあ、結界に天狗がやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 松明を持った赤鬼が、いかにも鬼らしく、のっしのっしと登場。

クリックすると元のサイズで表示します

 ゆっくりと、サービス満点に通り過ぎる赤鬼。

クリックすると元のサイズで表示します

 続く、緑鬼、そして、

クリックすると元のサイズで表示します

 黒鬼。黒い身体に大槌をもっているので、ツノがなければ大黒さまに間違われそう?

クリックすると元のサイズで表示します

 本堂の前で待機する太夫と禿ちゃんの横には、「YOGA」のご案内が!! フル活用されるお寺。でもそれも仏縁を作るきっかけになれば。

クリックすると元のサイズで表示します

 さて、太夫さんに升が渡れば、豆まきのスタンバイ完了だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「鬼は〜そと〜。福は〜うち!」と、大量の豆が撒かれ、鬼たちはひるむ怯む。鬼たちの演技力が問われる場面だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 「きさまら、来年、覚えてろよ!」とは言わず、退散する鬼たち。

クリックすると元のサイズで表示します

 来年のこと言ったら、鬼は笑わなくちゃいけないもんね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ