2015/2/16

採燈大護摩供  神社仏閣/教会

 ご住職や山伏の方々のご祈祷のあと、開運厄除の「星供採灯大護摩供」が始まる。

クリックすると元のサイズで表示します

 山伏さんたちの読経の合唱の中、点火!

 ここで一瞬のうちに、結界に渡された綱に掛かる色紙が、見物人たちにキレイに引きちぎられた。

 ええっ!? 結界のマジナイなのに? それとも暗黙のしきたりがあるとか?

 うしろから私の目の前の、唯一残った飾りをみて「のこってる・・・」という人がいたので、これは取らないとあかんもんなの?と、珍しく空気を読んで急いで取ってみた。

 そしたら、山伏さんが「取らないでください。これは私たちを守るものですから」と、会場中にマイクで注意をうながされた。うう、珍しく空気を読んだらこうなるのか・・・(汗)

 これは、儀式がすべて終了したらお守りとしていただけるものらしいが、護摩焚きという重要行事が残っているのに、フライングした人がいたらしく、どうやらそれにつられてしまった人が続出したらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 煙がもくもくと出て来る。うしろから「消防車がくるよ・・・」というささやきが。

クリックすると元のサイズで表示します

 錫杖が振られるじゃらじゃらという音、印を結び護摩木を投げ入れる山伏さんも煙に包まれる。宗教的酩酊。

クリックすると元のサイズで表示します

 濃密な煙がねじり上げられて、空へ向かう。まるで昇り龍。

クリックすると元のサイズで表示します

 打ち鳴らされる錫杖、投げ入れられる護摩木。読経のリズム。

クリックすると元のサイズで表示します

 これはなんという法力!

クリックすると元のサイズで表示します

 煙が、今年の干支、羊の横顔に! 一瞬の奇跡。

クリックすると元のサイズで表示します

 煙は渦を巻いて空へ、空へ。

クリックすると元のサイズで表示します

 見上げれば、大迫力!

クリックすると元のサイズで表示します

 沢山の護摩木に火が移ったようで、やっと炎が立ち始める。

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、この老山伏さんの所作には、見とれてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

 秘蔵の剣を抜き身にして、まじないをおこなう。

クリックすると元のサイズで表示します

 柄杓で水をかけて、熟練のワザで煙の向きを調整する山伏さん。お見事。

クリックすると元のサイズで表示します

 護摩木を投げ入れる、決定的瞬間!

クリックすると元のサイズで表示します

 全身これ祈り。

クリックすると元のサイズで表示します

 煙も落ち着いて、大護摩供もフィナーレ。

クリックすると元のサイズで表示します

 これで式次第はすべて終了した。

 場を仕切られていた山伏さんが、マイクで告げる「これにて、解散!」。「以上をもちまして、本日のスケジュールはすべて終了いたしました」みたいなのを聞き慣れているので、簡潔な「解散!」宣言は、非常に新鮮だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 境内の隅では「天狗加持」が行われ、希望者には「長寿笹酒」が振る舞われていた。「笹酒、いりませんか〜?」と呼び込みされるなど、サービス満点。残念ながら、帰途の一部は車を運転するので遠慮したのだが、最後の最後まで楽しませていただいた。

 法住寺の手づくり感とアットホームな身の丈、これでもかというてんこ盛りのホスピタリティを満喫して、時間的にも余裕で帰途につくことが出来た。すごいぞ、法住寺。ありがとう、法住寺。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ