2015/6/28

街道をゆく!  おでかけ

 茅葺き屋根だったこともあり火災の多い集落だったので、ことさら火事には神経を遣っていたにちがいない。

クリックすると元のサイズで表示します

 ガイドのおじさんは、火災のために歴史的な建物がすべて失われている事を嘆いておられた。翻れば、千年前の建物が残っているって、それだけで奇跡的なことだと気づく。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 歴史的町並みよりはむしろ、トタンの錆が織りなすストライプがキッチュで、目を惹く。

クリックすると元のサイズで表示します

 古いハシゴと屋根瓦、びっしりと蔦に覆われた上部のバランスは、もはや芸術的。

クリックすると元のサイズで表示します

 道と道沿いの家と山が三位一体となって、なんともいえない風情だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 トタンで覆われた屋根の下には、藁葺き屋根があるらしい(@おじさん談)

クリックすると元のサイズで表示します

 突如ピラミッドのような大岩があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

 二階の壁のデザインが、イギリスの酒場みたいなお家があったり、

クリックすると元のサイズで表示します

 曇りガラスをふんだんに使った、小粋な家があったりする。

クリックすると元のサイズで表示します

 入口のない鳥小屋のような出っ張りがあったり、火事除けのまじないで「水」の丸瓦が乗っていたりする。

クリックすると元のサイズで表示します

 熊川宿のマンホールを採取。紫陽花デザインだった。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ