2015/9/22

川床を楽しむ。  おでかけ

 川床については未知の世界だったので、あれこれ想像を巡らしていた。スキマのある板張りで、クラクラするような高さから川の流れがそのスキマから垣間見えるのかも、とか。

クリックすると元のサイズで表示します

 場所によってはもしかすると、そんな場所もあるのかもしれないが、ここはお座敷風に畳敷きで、手すり越しに川が見えるという、絶景のロケーションだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 夜には提灯が灯り、一段と趣がありそう。ただし虫は寄って来るだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

 人里離れた山奥なので、紅葉も早いのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 川底が見えそうなくらい、透き通った流れだ。まさに清流。

クリックすると元のサイズで表示します

 最初の段階のお膳なので、ちょっと寂しい。ところが、ここに次々とお料理がやってきては、空の器が引き上げられる方式だった。

 メインディッシュは、焼きたての鮎の塩焼き。実は入口付近で焼いておられたので、そこそこ空腹だった私は、美味しそうな匂いに目眩がしそうだった。もちろん、熱々で皮がぱりぱりで塩加減もほどよく、美味しいのなんの。

クリックすると元のサイズで表示します

 ひと心地付いて来し方をみれば、紅葉の間に吊り橋が透けて見える。

クリックすると元のサイズで表示します

 次回はいつ来れるかわからない(もしくは二度と来れない?)ので、見飽きることのない景色を手すり越しに眺める。

クリックすると元のサイズで表示します

 向かいの席の方々はごちそうさまの後、ちょっと散策に行かれた模様。

クリックすると元のサイズで表示します

 まだ時間はあるけど、のんびりゆっくりとこの場所を味わう為に、私たちも席をたつ。川床と吊り橋と高雄に別れを告げよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 さよなら、紅葉の清流。

クリックすると元のサイズで表示します

 さよなら、野趣あふれる川床。

クリックすると元のサイズで表示します

 さよなら、吊り橋と北山杉の高雄。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ