2015/9/29

じゃんけん大会  イベント

 予定を40分オーバーで終了。というのは、4名の先生方がそれぞれ「プレゼント」を持ち寄ってくださったので(著書や作ったけど余った配布物→とくにみうらさん・笑)、それを参加者に分配する「じゃんけん大会」があったから。旬の「うらばなし」が山のように聴けたし、先生方はああみえてもむちゃくちゃ努力(勉強)されていること、とても優しくあたたかいことを確認。ナイスなおじさん4人組でした。

 それでも立ち見にならざるを得ない私は、さすがに「おつかれちゃん」。

 みうらさんの語りに魅了され、山田さんのウィットと知性と博識ぶりに感嘆。安藤肇さんのフレンドリーな魅力に(テレビではわからなかった)うれしくなり、泉麻人さんへの他のメンバーのフォローが本当にやさしい。

 じゃんけん大会で3回目くらいにやっと勝ち組になり列に並んだとき、泉麻人さんのご著書(レアもの含む)を横目で見つつ、現在書店で並んでいるだろう安斎肇さんの提供品で、しかも前のじゃんけんに勝った人たちには人気がない「残り物」だった絵本『Wasimo(ワシモ) 2』(宮藤官九郎/文・安藤肇/絵)をいただく。
 プレゼントの品は先生方の前の長机においてあったんだけど、これをチョイスしたとき、みうらさんが斜め前で『あ、「ワシモ」だ』とおっしゃってくださったのが、ちょっとうれしい。

 『Wasimo(ワシモ)2』は、お茶目でけっこういい話でしたよ〜♪ 満足〜♪

 ついでながら広い座敷でみんなが座布団に座っているなか、後ろの壁際のど真ん中で立っていた私はステージ?からきっと目立っていたので、「女の厄年って、いくつだっけ?」と山田五郎さんがおっしゃったとき、両手で3をあげて33才と教えてあげられたのが、めちゃめちゃうれしかった。あの山田五郎さんと目が合った♡ タチッパでも、いいこともあるんだ♪ 

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ