2015/10/26

企画展「比叡山〜みほとけの山」  展覧会

25日の日曜日に、H氏が「行きたいとこ、ある?」と訊いたから、「大津の歴博に行きたい」と。「企画展 比叡山〜みほとけの山」が開催中なのだ。それにここに行くと裏切られることがない。いつも歴博の学芸員さんの実力と遊び心にワクワクするのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 大津市歴史博物館は三井寺の近くの高台にあるので、琵琶湖が見えるロケーションもバツグンの場所だ。

クリックすると元のサイズで表示します 

 滋賀県内の比叡山関係の仏像、神像を山のように観る。仏像好きには、外せない展示だ。(以下の写真は、図録よりお借りしました)

クリックすると元のサイズで表示します

 ダンサブルな四天王と素朴な邪鬼、


<クリックすると元のサイズで表示します

 福助似のものすごく大きな地蔵菩薩さま、

クリックすると元のサイズで表示します

 頭の化仏が素朴でかわいい十一面観音さま、

クリックすると元のサイズで表示します

 完成度が高くてうっとりするくらい美しいのに、キャプションに「技巧に走りすぎている」と書かれている阿弥陀如来さま、

 高速級で「お迎え」にみえた観音さまのキャッチコピーは、「すっとんで『お迎え』にきました!」、

クリックすると元のサイズで表示します

お迎えされる人が、すでに台座に乗ってるという珍しい絵では「準備万端、整いました」のコピーが!

クリックすると元のサイズで表示します

 日吉大社でメインをはる(いっぱい狛犬さんがいらっしゃる神社なので)巨大で迫力満点の木造狛犬の存在感も格別! しかも狛犬で玉眼!

 いつもはすっとばす古文書関係も、キャプションやコピーがわかりやすいうえに面白過ぎて、じっくり見るハメに。おかげで信長の比叡山焼き討ちのあと、どんなに多くの人たちが大変な努力をして比叡山の復興を果たしたのか、よくわかった。

 相変わらず、いっぱい待たせてゴメン!!とH氏にあやまりつつ、いつものように三井寺の前の「開運そば」で、おやつ代わりの蕎麦をいただく。

 夕方には、柿の木を前景として、十三夜の夕月をみた。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ