2016/1/23

前田邸・洋館  建築

 そうなのだ、「和館」があるということは、当然「洋館」もある、ということだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここでは海外生活も長く、文化人で国際人でもあった前田侯爵の私設迎賓館として、海外からの要人の来賓をもてなしたのだとか。
 アーチ型玄関ポーチは、ヴォーリズ建築好きにはおなじみのデザインなので、懐かしい気分に。

クリックすると元のサイズで表示します

 重厚かつディテールが美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 玄関ポーチから見上げたところ。しなり風にそよぐ竹が、和のテイストを添える。

クリックすると元のサイズで表示します

 アーチ内部にも模様があり、この建物が油断のならないデザインであることを知る。

クリックすると元のサイズで表示します

 では、入ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

 大理石尽くめの玄関だ。さすがは私設迎賓館。

クリックすると元のサイズで表示します

 昭和4年、欧州建築の粋を集めてつくられたもの。駒場の田園の野趣にあわせたイギリス・チューダー式が取り入れられたとか。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんな洋館のなかに、江戸情緒をのぞかせる唐草模様なども取り入れているらしい。
 ドアの取っ手にも、なにげなく雪の模様が。江戸情緒だけではなく、加賀の風情もそれとなく。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんなお城のような建物も、無料かつ写真OKなのである。ひゃっほー♪

クリックすると元のサイズで表示します
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ