2016/2/3

ついに邂逅!ドラード和世陀(わせだ)  路上観察

 親切な大学の先生(らしき方)のおかげで、自信をもって早稲田のまちなかを歩く。んんん〜、そろそろ出現しそうなものだけど?? と、角をまがろうとした。

クリックすると元のサイズで表示します

 ふと目の端が捉えたビルディングの一部。

クリックすると元のサイズで表示します

 んん!? と2度見する。そして見上げる。

クリックすると元のサイズで表示します

 こ、こ、っこれは・・・!!

クリックすると元のサイズで表示します

 「ドラード和世陀(わせだ)」!! まさか見逃しにかかるなんて(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 青いタイルの魔物。ストライプと赤い十字のタイルをアトランダムに。

クリックすると元のサイズで表示します

 青海波やポップな人物画、そして不思議にカーブするウインドウ。タイルだけでも意匠がすごいことになっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 鍛冶屋さんの仕事らしい不気味な物体と、通風口。

クリックすると元のサイズで表示します

 直角に通風口なんて! 

クリックすると元のサイズで表示します

 いやいや、それ以上に、角に丸窓!! ありえない! それだけにインパクトは絶大だ。

 すっかり舞い上がりつつ、とりあえず角を曲がってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

 目を閉じていたら「まんまデスマスク」のような顔がいっぱい! 

クリックすると元のサイズで表示します

 朝日の中なら、なんてことないけど。

クリックすると元のサイズで表示します

 夜は堪忍してください! ここの訪問を夕方の空き時間にしなくてよかった!

クリックすると元のサイズで表示します

 埋め込まれた窓と、毒キノコのような赤地に白いドットのオブジェ。なにかと毒づいている側面だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 同じ場所も角度を変えて観ると、また趣が違って見える。よく見れば、窓ガラス自体にも模様が入っている! どこまで凝るのか!?

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらは回り込んだ別の面。どことなくシック。

クリックすると元のサイズで表示します

 唐突に赤い魚の立体タイルが。

クリックすると元のサイズで表示します

 清楚な花柄のタイルの隣にいるのは・・・怪物?

クリックすると元のサイズで表示します

 丸窓の側面。このあたりは、もうすでに麻痺してふつうに見える(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 「ふつう」!?

クリックすると元のサイズで表示します

 これが!? むしろアートぢゃん!!

クリックすると元のサイズで表示します

 見上げれば、ガウディ。バルセロナでバスの中から一瞬見た「カサ・ミラ」を思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します

 さまざまな素材とデザインが混在している。

クリックすると元のサイズで表示します

 なのに、不思議なバランスが心地いい(*個人差があります、たぶん)

クリックすると元のサイズで表示します

 これほど日常とかけ離れている場所に、ゴミ袋。むしろこちらの方が違和感。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな鍾乳洞の入口みたいな場所に、ゴミ袋って!

クリックすると元のサイズで表示します

 それも、だれかの足元に!! この花模様のツメのはえた足の持ち主は、足元にゴミ袋を置かれて、ものすごく嫌がってそう。だれも見てなければ蹴ってるかも(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、これほど奇抜な建物なのに、

クリックすると元のサイズで表示します

 私がうっかり見逃しそうになるほど、しっくりと街に溶け込んでいるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 奇抜なのに、下品ではないからなのか。ことさら目立てばいいという意識が希薄なのか。

クリックすると元のサイズで表示します

 デザインや技術もすごいけど、むしろそっちを考えてしまう。不思議な建物だ。
 
 この建物については、実はまだ半分。次回に続きます。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ