2016/3/20

自分とは思えない。  

 教科書にタイトルが紹介されるような、つまり文化史や文学史的に意味が有る文学作品や作家について、自分のブログで過去におもしろ記事を書いていた記憶があったので、遡って読んでみた。石川啄木や泉鏡花や谷崎潤一郎についてね。

 いやーー、驚きましたね。10年前の、あんなにタイトな生活時間の中で、みっちり調べて、しかもけっこう攻めて書いていることに驚愕した。とても自分が書いたものとは思えない。恥ずかしながら、読みふけってしまいましたよ。過去の自分に完敗ですな。

 ちなみに「石川啄木」について読んだのは、以下の記事。啄木の知られざる魅力を堪能していただける一助になれば(笑)

「いきなり啄木」
「やっぱり啄木」
「短歌の謎を解く」

 
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ