2016/4/29

奈良国立博物館旧館と鹿たち。  建築

 雨の中、まず奈良国立博物館の旧館に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

 平成22年にリニューアルされ、現在は「なら仏像館」として、飛鳥時代から鎌倉時代にいたるまでのすぐれた仏像や、中国・朝鮮半島の仏像を展示している。実は平成26年から改修工事が始まり、再度リニューアルオープンしたのが、つい最近の4月末。

クリックすると元のサイズで表示します

 明治27年(1894)に完成した、奈良で最初の本格的洋風建築。設計は、当時宮内省内匠寮技師であった片山東熊(かたやまとうくま・1854-1917)によるもので、フレンチルネサンス高揚期の様式をとっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 昭和44年 (1969)に「旧帝国奈良博物館本館」として重要文化財に指定された。

クリックすると元のサイズで表示します

 現在公開されている企画展は、こちら↓

クリックすると元のサイズで表示します

 6月26日まで。けっこう会期が長いので、もしかすると行けるかも?

クリックすると元のサイズで表示します

 展示品もさることながら、内装も見てみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

 リニューアルされた洋館を後にすると、正面には「うどんや」さんらしき簡素な建物。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここではまいど人と鹿との、なごやかな風景が見られる。

クリックすると元のサイズで表示します

 博物館への道みちを歩くのは、ほぼ外国からの方で、写真を撮ったり、「しか煎餅」をあげたりして、それなりに鹿と触れ合っていらっしゃる。鹿が「しか煎餅」に口を持って来ると瞬時に手を離すとは、海外の方なのに鹿の生態を熟知されているお嬢さんだ。と思ったのも束の間。

クリックすると元のサイズで表示します

 しっかりバックから頭突きされ、驚いていらっしゃった。こやつ、恩を仇でかえすとは! やはり油断も隙もないやつらなのだ、と、35年前に鹿にお弁当を奪われたうらみを忘れない55歳の女は思うのだ。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ