2016/6/17

赤後寺  神社仏閣/教会

 さてお次は赤後寺(しゃくごじ)に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します

 バスの中でも「町並みが独特ですてき」という声が聴こえたが、家のつくりも雪深い湖北ならではで、雪の重みに負けないようしっかりしている。この辺りの気候は北陸なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 参道でおうちウォッチングだ。雪で家が埋もれても、2階から出入りできるよう、窓が大きく取ってある。

クリックすると元のサイズで表示します

 昔の道具もディスプレイ?されていた。瓦なんかもね。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらの飛び出しくんは、既製品だけど初めて見るもの。

クリックすると元のサイズで表示します

 りっぱなおうちの藁葺きの門。

クリックすると元のサイズで表示します

 新しめの蔵も現役で活躍。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここにも水の流れる風景がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 細い道の突き当たりが日吉神社。その境内にあるのが赤後寺。やはり神仏習合なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 太古からの樹木が、太い幹を伸ばしている。歴史を感じる場所だ。こちらのお寺も無住なので、村の方が交代で世話役になっている。

 ここに安置されている聖観音立像と千手観音立像は、平安前期の作といわれているから、千年以上前からの場所なのだ。賤ヶ岳の戦いなど戦火にも見舞われたため、村人が土の中や水の中にお像をお入れして、守り抜いたそうだ。その際、腕や足が欠けてしまい、痛々しいお姿になってしまわれた。

クリックすると元のサイズで表示します

 しかもこの2体の仏像は、創建以来秘仏として守られていたのに、昭和になってから国の重文指定をうけて公開されたのだとか。もちろんそう簡単に決められるものではないので、15年の間議論が続いたそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 御利益は、安産、眼病、転利(厄を利に変え私利を衆利に変える/開運)だったのだが、いつからか「転利」がコロリに転じて天寿を全うし、コロリと極楽往生できるという風に変化していったそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 お寺の中に入ると、目の前には素晴らしい彫り物を施した厨子が! それもそのはず、日光の陽明門と同じ造りで、浜松から持って来たものなのだとか。安土桃山の作なので、作風も豪華絢爛だ(↓こちらのブログでお厨子の写真がみられます)
http://4travel.jp/travelogue/10782991
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ