2016/6/27

のぼる!されど只今工事中。  神社仏閣/教会

 自販機で拝観券を買い、受付のおばちゃんに日付スタンプを押してもらい、石段をあがる。

クリックすると元のサイズで表示します

 けっこうな勾配だ(汗) 

 すぐさま息切れ。

 そんなことでどうする!

クリックすると元のサイズで表示します

 おお! この自然石でできたカーブの石段は、ぐっとくるほど味があるぞ!

クリックすると元のサイズで表示します

 このまままっすぐ本堂まで石段をのぼるという順路もあるみたいだが、

クリックすると元のサイズで表示します

 一般的には右手に折れるみたいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 国宝のあれこれも、こっちにある。カワラケ投げもね。

クリックすると元のサイズで表示します

 そしてこの高台からの風景が、

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらです↓

クリックすると元のサイズで表示します

 瓦屋根と船と湖が、郷愁をさそう絶景。

クリックすると元のサイズで表示します

 赤い鳥居と琵琶湖、

クリックすると元のサイズで表示します

 擬宝珠と船と琵琶湖のセットもすてき。

クリックすると元のサイズで表示します

 しかし、上を見上げれば、工事中(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

 鳥居をくぐると小さな社を発見!

クリックすると元のサイズで表示します

 黒龍・・・なんだか「偉大なる、しゅららぼん」を思い出させるなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 彦根とともに、竹生島も重要な舞台だったしなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 黒龍のヨリシロであるご神木↓

クリックすると元のサイズで表示します

 鬱蒼としているようで、あんがい明るいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 唐門と観音堂は、完全に工事中。いや、それはそれで貴重な外観かも、とポジティブシンキング。

クリックすると元のサイズで表示します

 見たかった渡り廊下(舟廊下)は、修復済みみたいだし。(と、やせがまんと強がりを、繰り出してみる)

クリックすると元のサイズで表示します

 この石垣といい、

クリックすると元のサイズで表示します

 渡り廊下を支える木造の脚といい、

クリックすると元のサイズで表示します

 みどころ満載ではありませんか! これって見飽きないよね。(誰に振っているんだ!?)

クリックすると元のサイズで表示します

 それにしても、渡り廊下の窓の桟って、なんだかブラインドのような、不思議なハマり方だ。これは実際に内部に行って、その構造が明らかになったのだが、それはまた後日に。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここにも、平経正の逸話が。というか、もしかして彼が琵琶の秘曲を弾いたのは、ここですか?? 

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ