2010/4/19

猫の名前  ファミリー

 迷い込んで来た猫は、ハラペコから脱却したためか、元気にニャーニャーと私たちにまとわりつく。しかしその「ニャー」は、「ありがたくメシを頂戴してやったからな」と、どこか上から目線な響きがあり、「わたしらは、あんたの召使いちゃうで!」と念押ししたくなる。

 出かけていて車から降りるやいなや、ニャーとすり寄ってくるのだが、「遅かったではないか! はようまろの、面倒みてくれ、遊んでくれ」的な響きが、そこはかとなく漂っている。要するにかわいくない「ニャー」なのだ。

 そんな猫についての、お父さんH氏と娘Kちゃんの漫才会話。

H「猫に名前つけなあかんな。お父さんになついて、べたべたまとわりつきよるねん。何がいい?」

K「田中はどや?」

H「なんで猫の名前が田中やねん。それにご近所に田中さんいやはるし、呼び捨てにはできひんやろ」

K「ほしたら山田」

H「なんでそんな名前しか出してこーひんねん! カタカナの名前とかはどや?」

K「バスコ・ダ・ガマやったらええか?」

H「もう、ええわ!」

見事に息の合った親子漫才だった。
3



2010/4/21  0:28

投稿者:紙魚子

それはたしかにバツ悪いですよね! 
名前をつけるのって、むずかしいものです。中学生の頃は、樹木にまで名前をつけていたのが、今となっては自分でも信じられません。子ども達の名前は、お父さんH氏に丸投げ。私はよーつけませんでした。

2010/4/20  21:20

投稿者:蕃茄山人

ツレの実家のお隣の犬と、うちの長男が同じ名前で、里帰りのとき、お互いバツが悪い思いをしました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ